ホームへ戻る博物館へのアクセスお問い合わせサイトマップ
 未来の森ミュージアム YATSUSHIRO MUNICIPAL MUSEUM
 
新着情報
収蔵品紹介
イベント案内
  :  特別展・企画展
  :  第一常設展示
  :  第二常設展示
  :  これまでの展覧会
  :  年間スケジュール
  :  講座・講演会
  :  市民ギャラリー
ご利用案内
キッズページ
学芸員の部屋
教育活動
刊行物
Q&A
Museum Date
リンク

収蔵品検索
八代市の文化財
ミュージアムショップ
 
イベント案内
ザ・家老 松井康之と興長 2018年10月19日〜11月25日
細川家存続のために力を尽くした康之と興長。はたしてその忠義はむくわれたのか?
 戦国乱世を生き延び、肥後一国を治める大名となった細川家。この細川家を家老として支えたのが松井康之(1550-1612)とその子興長(1582-1661)です。
 戦国時代末期、細川家初代藤孝に召し抱えられた康之は、一度も離反することなく、細川家に仕えました。戦場で生命の危険にさらされても裏切らず、藤孝から冷遇されても細川家のために奔走し、秀吉から大名取り立ての誘いを受けても細川家に留まりました。自らの武勇と知略を、主家存立のために使う、それが康之の生き方でした。
 康之のあとをついだ興長は、80歳で没するまでの50年間、細川家の家老をつとめ、4人の藩主に仕えました。最後に仕えた5代綱利は、幼くして家督を継いだこともあり、問題行動の多い藩主でした。この綱利に対し興長は、ことあるごとに諫言を行い、肥後一国を預かるにふさわしい人物となるよう導きました。御家存続のため、主君を器量ある藩主に育てあげる、これが興長の忠義のあり方でした。
 細川家が国持大名として成立・存続しえた背景には、このような康之と興長の忠義の行動がありました。この展覧会では、細川家を支え続けた康之と興長の生きざまに迫ります。

出品リスト(会期中一部展示替を行います。)
ポスター・ちらし表 ちらし裏
ちらし表 ちらし裏

特別講演会1
◆演題 「日本史における諌言の機能と役割〜松井興長を中心に〜」
◆講師 稲葉継陽氏(熊本大学永青文庫研究センター教授)
◆日時 平成30年10月27日(土) 14:00〜15:30 
◆場所 本館講義室 事前申込不要 定員80名 聴講無料


特別講演会2
◆演題 「松井康之という生き方、松井興長という生き方」
◆講師 林 千寿(本館学芸員)
◆日時 平成30年11月10日(土)14:00〜15:30
◆場所 本館講義室 事前申込不要 定員80名 聴講無料

作品紹介1

■展覧会期 平成30年10月19日(金)〜11月25日(日)
■休館日 10月22日(月)・29日(月)・11月5日(月)・12日(月)・19日(月)
■開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
■観覧料 一般 600円(480円) 高大生 400円(320円)
*( )内は20名以上の団体料金 *中学生以下は無料
*障がい者手帳をお持ちの方は無料
*11月3日(文化の日)は無料公開日
■主催 八代市立博物館未来の森ミュージアム・八代市・熊本日日新聞社
■企画協力 熊本大学永青文庫研究センター
 PageTop
  これまでの展覧会

 PageTop
 
休館日のご案内
 Access  Mail  Sitemap

copyright(c) yatsushiro municipal museum all rights reserved.
 各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。