ホームへ戻る博物館へのアクセスお問い合わせサイトマップ
 未来の森ミュージアム YATSUSHIRO MUNICIPAL MUSEUM
 
新着情報
収蔵品紹介
イベント案内
  :  特別展・企画展
  :  第一常設展示
  :  第二常設展示
  :  これまでの展覧会
  :  年間スケジュール
  :  講座・講演会
  :  市民ギャラリー
ご利用案内
キッズページ
学芸員の部屋
教育活動
刊行物
Q&A
Museum Date
リンク

収蔵品検索
八代市の文化財
ミュージアムショップ

第1常設展示室


八代城
■八代城(松江城)の歴史
所在地 熊本県八代市
創築年 元和8年(1622)
創築者 加藤正方
形  式 平城
規  模 南北811×東西1477メートル
遺  構 天守台 石垣 堀
別  称 白鷺城 松江城
八代城城郭模型
八代城(松江城)城郭模型
 八代城城郭模型を南西方向からみたところ。手前が三の丸、右に二の丸、中央が本丸である。
 寛政9年(1797)以後の史料に基づいて復元されているが、寛文12年(1672)焼失後再建されなかった天守も復元している。
 元和5年(1619)の地震により麦島城が崩壊したため、熊本城主加藤忠広が、幕府の許可を得て加藤正方に命じ、同6年から8年にかけて球磨川河口北側の低地にある松江村に築城した城。
 寛永9年(1632)加藤氏の改易により熊本城主となった細川忠利の父忠興(三斎)が入城して北の丸を居所として本丸に四男立孝を居住させる。
 正保2年(1645)閏5月に立孝(立允)が、続いて12月に忠興が没したため、家老松井(長岡)興長を八代城守衛とし、以後松井氏が在城。実質は城主で大名に準じる扱いを幕府から受けた。
 寛文12年(1672)落雷により天守、やぐら、長塀を焼失。さらに寛政9年(1797)落雷により本丸大書院、三階やぐら等を焼失。大書院は再建されるが、天守、やぐらは再建されなかった。

 明治3年8月2日熊本藩は松井盈之の八代城守衛を免じ、同4年11月八代県庁を本丸に置くが、同6年1月白川県に合併。廃城後、建物は大書院を除き取り壊される。大書院は代城校という学校に使用された。同13年征西将軍懐良親王を祀る八代宮を本丸に建立することが計画され、大書院は代陽校と名称を改め、移築。同17年八代宮鎮座。その際本丸南側の月見やぐらと舞台脇やぐら間の石垣を取り壊して神橋を架設。同15年北の丸に松井氏歴代当主を祀る松井神社を建立。同19年八代宮に良成親王を配祀。
 同23年二の丸馬屋跡に八代郡役所を置く。同30年二の丸郷校伝習堂跡に県立八代中学校(現県立八代高校)を開校。
 大正15年郡役所を廃止。昭和4年馬屋跡に八代町外20ケ村公益事業組合会館を建設。城跡は明治・大正時代数回にわたり取り壊され、特に昭和10年頃八代町(当時)の区画整理のため、二の丸・三の丸・出丸の石垣を取り壊し、外堀を埋め立てる。同14年本丸大書院を旧二の丸に移築。
 戦後の昭和22年八代総合病院が組合会館を買収。同38年城跡を県史跡に指定。八代高校の移転後、同47年二の丸の学校、会所跡に八代市役所。熊本県総合庁舎を置く。同55年八代総合庁舎、八代総合病院の増改築に際し、二の丸の発掘調査を実施。同54年から57年にかけて本丸石垣の修復工事と発掘調査を実施。同61年2月6日移築保存中の大書院焼失。 
八代城再現CG
 当館の八代城城郭模型を利用して、2017年2月、熊本県立八代工業高等学校のインテリア科の生徒さんたちが八代城再現コンピューターグラフィックを制作されました。ぜひごらんください。

八代城パンフレット
(友の会制作)

現在の八代城(松江城)

八代城の移り変わり



 Back
 PageTop
 
休館日のご案内
 Access  Mail  Sitemap

copyright(c) yatsushiro municipal museum all rights reserved.
 各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。