ホームへ戻る博物館へのアクセスお問い合わせサイトマップ
 未来の森ミュージアム YATSUSHIRO MUNICIPAL MUSEUM
 
新着情報
収蔵品紹介
イベント案内
  :  特別展・企画展
  :  第一常設展示
  :  第二常設展示
  :  これまでの展覧会
  :  年間スケジュール
  :  講座・講演会
  :  市民ギャラリー
ご利用案内
キッズページ
学芸員の部屋
教育活動
刊行物
Q&A
Museum Date
リンク

収蔵品検索
八代市の文化財
ミュージアムショップ

第1常設展示室


鐔を楽しむ〜肥後鐔鑑賞入門〜
 江戸時代、肥後で発達した金工は、武将でありすぐれた茶人でもあった細川三斎の好みを反映していると言われています。
 金工って何?という方のために、肥後鐔の4代流派、材質、技法など鑑賞ミニ知識を覚えるための展示です。
肥後金工
肥後金工の四大流派
 刀を入れるケース(刀装または拵という)には、たくさんの金具がついています。
 これらの金具を作ることを金工といいます。江戸時代の肥後(熊本)は、りっぱな刀装金具が作られていたことで有名です。
肥後金工には、代表的な4つの流派があります。鉄砲鍛冶として加藤清正に仕えた林又七、細川三斎に仕え、丹後・豊前から三斎についてきた平田彦三、その弟子の西垣勘四郎、彦三の甥の志水仁兵衛が、各流派の初代です。
  ■林派 林又七を初代とする。鉄砲鍛冶として加藤清正に仕えていた。鉄地がよく鍛えられ、深みのある色をしているのが特徴。透かし彫りの鐔が多い。
■平田派 平田彦三を初代とする。細川三斎に仕え、丹後国・豊前国を経て、三斎について八代へやってきた。茶道に通じる風雅さがある。素銅や覆輪を用いたものが多い。
■西垣派 西垣勘四郎を初代とする。平田彦三の弟子で、一緒に八代にやってきた。のちに熊本へ移る。しゃれた感覚の鐔が多い。
■志水派 志水仁兵衛を初代とする。平田彦三の甥で一緒に八代にやってきた。その後代々甚吾と名乗り、八代に住む。鳥や動物を豪快にあらわした鐔が多い。
いろいろな金属  
金工にはいろいろな金属が用いられます。かたい金属を、思い通りに加工するには、それぞれの金属の特性をよく知っていることと、熟練した技がなければなりません。またデザイン感覚にすぐれていることも大切。
 
鉄味って何?
■鉄・・・鐔に多く使われる金属。鉄を放置しておくと赤く錆びてボロボロになってしまうが、鉄鐔には酸化を防ぐ黒い錆がつけられている。運動場の鉄棒が黒いのも黒錆がついているから。微妙な錆色を出すために、各流派で秘伝の錆付液があった。   鉄でできた鐔をほめるとき、よく「鉄味がいい」といいます。それってどんな味がするのかな?
 いいえ。舌でわかる味ではなく、目でわかる味のこと。さあ、鉄味がいいのはどれか、見てみよう。
■素銅(すあか)・・・銅のこと。10円玉と同じ色をしている。精錬され不純物のない銅を素銅といい、赤味を帯びた銅色をしている。採掘したままで不純物の混じった銅を山金(やまがね)という。
鉄味を比べるキーワード
■真鍮(しんちゅう)・・・銅と亜鉛の合金。黄色味を帯びた金属で、磨くと金色になり、鉄のように錆びないので重宝された。中国からの輸入品で、16世紀末に国Y化したが原料の亜鉛は以後も輸入による。
色が
黒っぽい
茶色っぽい
白っぽい
■赤銅(しゃくどう)・・・銅に金と銀を加えた合金。がかった黒色となり、「カラスの水に濡れた羽」の色にもたとえられる。その独特の光沢と色彩から、刀装金具にはよく用いられる。
鉄地が
かたそう
やわらかそう
■金・・・金はその黄金色の輝きと、加工しやすく錆にくいことから、大昔から世界中で高貴な金属として尊重されてきた。鐔では、象嵌や鍍金という技法によって、文様をあらわす。
きめが
粗そう
細かそう
■銀・・・銀は、金を「こがね」と呼ぶのに対し、「しろがね」と呼ばれ、金の次に大事にされる金属。_化によって(K)黒くなりやすい。銀と同との合金を四分一(しぶいち)といい、つやを消した銀色をしているので好まれる。
鉄味がいいってどういうことか
わかったかな?


 Back
 PageTop
 
休館日のご案内
 Access  Mail  Sitemap

copyright(c) yatsushiro municipal museum all rights reserved.
 各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。