ホームへ戻る博物館へのアクセスお問い合わせサイトマップ
 未来の森ミュージアム YATSUSHIRO MUNICIPAL MUSEUM
 
新着情報
収蔵品紹介
イベント案内
ご利用案内
キッズページ
学芸員の部屋
教育活動
刊行物
Q&A
Museum Date
リンク

収蔵品検索
八代市の文化財
ミュージアムショップ
 
収蔵品検索

収蔵品詳細  Back


拡大表示
Previous
収蔵品情報
番号 3403
作品名 貝輪(大鼠蔵箱式石棺群出土)
作品名フリガナ カイワ
制作年 古墳時代(5世紀)
作家・作品解説  球磨川河口にある大鼠蔵山の麓には、箱式石棺群があり、竹製の櫛、銅鈴、貝製の腕輪などが出土しています。
 腕輪は、奄美大島以南にしか生息しないサラサバティという貝で作られており、南の海で採(と)れる美しい貝の装飾品を交易品として運んだルート「貝の道」との関連性が指摘されています。
 ほかに、弓や矢を入れた靱(ゆき)、短甲、円文が彫られた石棺も出土しています。
 貝輪を重宝する習俗ははじめ九州・西日本で始まりましたが、古墳時代になると畿内でも貝輪の需要が高まり、奄美・沖縄などの南島で取れた貝は、九州・瀬戸内を通り、畿内へと運ばれていました。南島でとれるサラサバテイやイモガイの貝輪が大鼠蔵古墳や田川内古墳で発見されていることは、これらの古墳に埋葬されている八代地域の有力者が、南島からの貝の交易・運搬に携わっていた可能性を示しています。
数量 1点
指定 八代市指定文化財(昭和40年5月18日指定)
備考 大鼠蔵箱式石棺群出土
分類名 考古

Back
 PageTop
 
休館日のご案内
 Access  Mail  Sitemap

copyright(c) yatsushiro municipal museum all rights reserved.
 各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。