ホームへ戻る博物館へのアクセスお問い合わせサイトマップ
 未来の森ミュージアム YATSUSHIRO MUNICIPAL MUSEUM
 
新着情報
収蔵品紹介
イベント案内
ご利用案内
キッズページ
学芸員の部屋
教育活動
刊行物
Q&A
Museum Date
リンク

収蔵品検索
八代市の文化財
ミュージアムショップ
 
収蔵品検索

収蔵品詳細  Back
検索トップ美術八代焼(高田焼)江戸中期

拡大表示
Previous
Next
収蔵品情報
番号 169
作者名 上野藤四郎(ヵ)
作者名フリガナ アガノトウシロウ(ヵ)
生没年 1695〜1766(ヵ)
作品名 象嵌葦文共蓋水注
作品名フリガナ ゾウガンアシモントモブタスイチュウ
制作年 江戸時代中期
品質・技法・形状 陶器・白土象嵌・金継・底土見
法量 口径10.3 高台径12.3 蓋付総高15.5
作家・作品解説 白土象嵌で葦を表した水注。胴のへこみは、作者が指で押して施したものです。
底の印はやや不鮮明ですが、縦に「藤四郎」のように読めます。
そうであれば本作品は、18世紀前半に活躍した藤四郎の作となり、
八代焼の中で確認できる最古の印銘となります。
数量 1口
備考 館蔵品目録(一)P35−61
底に陽刻楕円印「藤四郎」(ヵ)
分類名 美術:近代以前:八代焼

Back
 PageTop
 
休館日のご案内
 Access  Mail  Sitemap

copyright(c) yatsushiro municipal museum all rights reserved.
 各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。