ホームへ戻る博物館へのアクセスお問い合わせサイトマップ
 未来の森ミュージアム YATSUSHIRO MUNICIPAL MUSEUM
 
新着情報
収蔵品紹介
イベント案内
  :  特別展・企画展
  :  第一常設展示
  :  第二常設展示
  :  これまでの展覧会
  :  年間スケジュール
  :  講座・講演会
  :  市民ギャラリー
ご利用案内
キッズページ
学芸員の部屋
教育活動
刊行物
Q&A
Museum Date
リンク

収蔵品検索
八代市の文化財
ミュージアムショップ
 
イベント案内
令和5年度冬季特別展覧会
武将の備え
〜八代城主松井家の武器と武具〜
令和6年2月9日(金)〜3月24日(日)

 
松井家に伝来する武器・武具の名品を一堂に!
 江戸時代に八代城主をつとめた松井家には、500点を超える武器・武具が伝来しています。これらの中には、平安時代末期から室町時代にかけて製作された刃文の美しい刀剣、種々の材料や技法を駆使した肥後拵、兎の耳を模したユニークな形の兜、細川三斎流として名高い洗練されたデザインの甲冑、高級な羅紗を用いた派手な色合いの陣羽織などが含まれており、当代武将たちの美意識の高さをうかがうことができます。
 また、松井家には、武器・武具を配した松井家歴代当主の肖像画が伝来しています。ここに描かれる武器・武具は、戦陣の褒美として主君から与えられたもので、拝領品である武器・武具が、御家の名誉を象徴する品として取り扱われていたことがわかります。
 本展では、松井家に伝来する武器・武具を中心に90点あまりを展示します。本展を通して、武器・武具の実用性を超えた意味について考えていただければ幸いです。

「武将の備え」展ポスター・ちらし表
「武将の備え」ちらし裏

出品リスト
■特別講演会
日 時 令和6年3月9日(土) 14:00〜15:30
場 所 博物館講義室(聴講は無料)
演 題 「武具に秘められた武将の思い」
講 師 林 千寿(当館学芸員)
定 員 定員40名
※電話による事前申込が必要です。受付開始は2月13日(火)から

「なりきり!興長さん」コーナー 興長の肖像画と同じ背景をご用意
肖像画の興長になりきることができる撮影コーナーを設けています。
ご来館の際、お楽しみください。
「”誉の陣羽織”原寸大で復元プロジェクト」について

■会  期 令和6年2月9日(金)〜3月24日(日)
■休 館 日 2/13(火)・2/19(月)・2/26(月)・3/4(月)・3/11(月)・3/18(月)
■開館時間 9:00〜17:00(入館は16:30まで)
■入 館 料 一般 500円(400円) 高大生 300円(240円)
*( )内は20名以上の団体料金
*障がい者手帳をご提示の方は無料
*中学生以下は無料 *常設展示もご覧いただけます
■主  催 八代市立博物館未来の森ミュージアム・八代市
■特別協力 一般財団法人松井文庫
 PageTop



これまでの展覧会

 PageTop
 
休館日のご案内
 Access  Mail  Sitemap

copyright(c) yatsushiro municipal museum all rights reserved.
 各ページに掲載の写真・音声・CG及び記事の無断転載を禁じます。